慎重に対応しよう|被害が大きくなる前に|鳩は早めに対策をして追っ払おう

被害が大きくなる前に|鳩は早めに対策をして追っ払おう

メンズ

慎重に対応しよう

ハチの巣

活動期を避ける

ハチの巣を発見したときには、まずは安易に近づかないことが大切です。ハチは近くにいる場合でも危害を加えようとしなければ、人を襲うことは少ないものです。安全のためにもハチの巣の駆除はしっかり行っておきたいですが、安全に駆除するためにはその特徴もよく理解しておくことが大切です。まずハチは8月から10月は特に活動的となっていますので、その期間に駆除を行うことは危険も伴います。特に危ない場所にハチの巣がないという場合は活動期に近づくことは避け、11月以降の寒い時期を狙って駆除を行うことがおすすめです。この時期はすでにハチはいなくなっていることも多いですが、安全に作業を進めるためにもまずは殺虫剤などを利用してハチがいないことを確認しておきましょう。

服装にも注意しよう

ハチの巣にまだハチが残っている場合は駆除の際に刺されるリスクもありますので、まずはゴム手袋、長袖、ゴーグル、帽子、長靴などを着用してできるだけ肌を守ることが大切です。そしてアシナガ蜂などは夜は活動を停止しますので、昼間よりも夜遅くに作業を行うなどの工夫もしてみましょう。ハチによっては夜も活動的である場合もありますので、どんな種類のハチであるのかもよく確認しておきたいところです。市販の殺虫剤も役立ちますが、スズメバチなどの攻撃性の強いハチの場合は素人では対応が難しくなりますので、無理をせずに専門家に依頼することも考えてみましょう。巣が落ちた場合はしばらくはハチもその場にとどまることとなりますが、しばらくするとあきらめて立ち去りますので巣の処分はハチがいなくなったのを確かめてから行うことがおすすめです。