住宅地にも現れる動物|被害が大きくなる前に|鳩は早めに対策をして追っ払おう

被害が大きくなる前に|鳩は早めに対策をして追っ払おう

メンズ

住宅地にも現れる動物

はくびしん

家を傷めることもある

人間に害を与える動物は何種類かいますが、その中にハクビシンという動物がいます。ハクビシンは、額から鼻に白い線が入っているのが特徴の動物です。ネコやタヌキに似ていて、大きいものは1メートルほどになります。全国に生息していて、最近では数が増え、住宅地にも現れるようになりました。どのような被害があるのでしょうか。ハクビシンは雑食のため、農作物を食べてしまうことが問題です。また、屋根裏に巣を作ることも問題になっています。断熱材を巣の材料にしてしまうことや、屋根裏をトイレに使ってしまうのです。ハクビシンの習性で、一ヶ所をトイレにしてしまうので、屋根裏が腐ってしまう被害があるために、ハクビシン駆除をします。

近寄らせないようにする

ハクビシン駆除をした方が良い理由が他にもあります。野生の動物なので、ノミやダニを持っています。ハクビシンが家に住み着いてしまうと、ノミやダニの被害が出ることも考えられます。それは、人間だけではなく、室内で飼育しているペットのためにもハクビシン駆除が必要です。ハクビシン駆除は、専門業者があり、依頼することで徹底的に対策をしてくれます。追い出しや、捕獲をした後の、清掃や殺菌、消臭は個人ではなかなかできません。傷んだ断熱材の交換もできます。自分でできることもあります。ハクビシンを近寄らせないようにするために、家や物置などの建物に穴が開いていないかを確認します。また、家のまわりの雑草や落ち葉などをきれいに片付けることも対策になります。