特定外来生物です|被害が大きくなる前に|鳩は早めに対策をして追っ払おう

被害が大きくなる前に|鳩は早めに対策をして追っ払おう

メンズ

特定外来生物です

動物

アライグマは北米原産の夜行性の動物で、日本では特定外来生物に指定されています。特定外来生物は人への被害の危険性、生態系への影響、農林水産業への被害が懸念される生物で、扱いには注意が必要です。アライグマは雑食性で、農作物への被害が顕著になっています。愛らしい顔つきとは異なり、鋭い爪や牙を持つので、野生のアライグマにうかつに手を出すと怪我をします。繁殖力が強く、成熟したメスはほぼ100%の妊娠率とされています。日本には天敵や競争種いないため繁殖しやすい環境といえます。住宅の屋根裏などに入り込み、繁殖していることがあります。住宅に侵入されると、糞尿をまき散らすので、悪臭が漂い、病原菌の温床になったりします。迅速に駆除することが必要です。

アライグマは木登りが得意なので、庭木などを伝わって住宅に侵入します。わずかな隙間があると中に侵入し、ねぐらにしてしまうので、天井裏で足音が聞こえたり、天井に糞尿によるシミが出来たりします。アライグマの駆除を専門とする業者は、住宅周辺の足跡や天井のシミなどからアライグマの侵入をチェックし、暗視カメラを必要箇所に仕掛けるなどして姿を確認します。アライグマの駆除には、アライグマを捕まえやすい場所まで追い詰めて、一気に網で捕獲します。全力で暴れて鋭い爪を振り立ててくるので、専門業者でも捕獲には神経を使います。アライグマを駆除せず放置すると、感染症の危険も高まりますので、業者に依頼するようにしましょう。