被害が大きくなる前に|鳩は早めに対策をして追っ払おう

作業員

傷つけずに退治する方法

鳩

鳩はとても頭がいい動物です。人慣れしている事が多く、人間がそばに寄っても逃げないことがほとんどです。しかし、アパートやマンションなどの集合住宅では、鳩の鳴き声や糞尿が問題になっています。近所トラブルにもつながりかねないため、早めに対策する必要があります。鳩は一度安全と認識した場所には何度も飛んできます。そのため、一度飛んできたらその場で大きな音をたてて追い払うようにしましょう。ベランダには鳩が隠れられそうな植木鉢などは置かないことが大切です。鳩の主食は木の実などの植物ですが、人間が食べているパンやトウモロコシも食べます。ベランダに生ごみが置いてあってもカラスのようにあさる習性はありませんが、敵から身を隠す為に利用することがあります。また、盲点なのがベランダにできた水たまりです。鳥類のほとんどは水を流し込むようにして飲みますが鳩の場合は下を向いたままでも水を飲むことができます。水たまりができていたら早めに拭き取るようにしましょう。

日本では鳩は鳥類保護法という法律で守られているため個人で駆除することはできません。しかし、集団で行動する生き物なため放っておくと仲間を呼んでしまいます。そのため数が少ないうちに早めに対策することが必要不可欠です。鳩の対策方法で人気があるのが音を利用した方法です。鳥類は人間よりも視覚は優れていますが、聴覚は人間と変わらないか劣っている事が多いと言われています。人間が不快に感じる音があるように、鳥にも不快に感じる音があります。この音が出る機械をベランダに置いておくと鳩が飛んでくるのを防ぐことができます。機械を置いておくだけなので簡単に対策できるのが人気の理由です。音が出ると近所迷惑になると不安に感じるかもしれませんが、鳥よけの機械は人間には聴こえない超音波を利用したものがほとんどなので、機械を置いておいてもうるさいと感じることはありません。

慎重に対応しよう

ハチの巣

ハチの巣の駆除を行う場合は、活動期は避け、寒くなってハチがいなくなってから行うことがおすすめです。駆除の際も、長袖やゴーグルなどでできるだけ肌を守り、安全に作業を進めていきます。攻撃性の強いハチの場合は無理をせず、専門家に依頼することも考えてみましょう。

More...

住宅地にも現れる動物

はくびしん

ハクビシンは農作物への被害の他に、家を傷めることがあります。屋根裏が腐る被害や、健康被害があるため、ハクビシン駆除を行う必要があります。ハクビシン駆除は、専門業者に依頼することで、駆除から殺菌、消臭など徹底的に対策をとることができます。侵入させないように建物のチェックなど自分でできることもあります。

More...

特定外来生物です

動物

アライグマは住宅の屋根裏などに入って、繁殖している場合があります。住宅に侵入されると、糞尿をまき散らすので、臭いもキツくなり病原菌の温床になってしまうケースもあります。駆除せず放置すると、感染症の危険も高まりますので、早めに業者に駆除依頼するようにしましょう。

More...